デリヘルとは?

風俗産業の中でもっとも人気があるのがデリヘルとされています。
これは感覚の話ではなく、いろいろな事からその事実を実感するものです。
風俗情報誌やスポーツ新聞の風俗欄を見てもらえると、店舗よりもデリヘルの方が多いのではないかと思うものです。
デリヘルは「デリバリーヘルス」を略したものと言われていますが、名称からも解るように、派遣型の風俗です。

風俗と言えば本来お店に足を運び、そこで女の子にサービスしてもらうものが一般的だったのですが、デリヘルは違います。
デリヘルはお店に足を運ぶのではなく、女の子側が来てくれたり、どこかに待ち合わせをしてそこからラブホテルやレンタルルームといった場所まで移動し、そこでプレイを楽しむ事になるのです。

お店の風俗に比べると場所代を負担しなければならないと考える人もいるのですが、場所代さえ払えばデリヘルならではなメリットを多々享受する事が出来るとも言われています。
特に大きなメリットが「二人きり」という点です。

お店の場合、部屋の中では女の子と二人きりなのですが、部屋そのものも簡易的なものだったり、また、安全のためという名目で部屋のすぐ後ろで従業員が待機しているケースすらあります。
これではプレイそのものに集中出来なかったり、人によっては羞恥心もあるはずです。

また、お店そのものに足を運ぶという事は、誰かに自分が風俗を利用している姿を見られてしまう可能性もあります。
特に何も思わないという人であれば良いのですが、見知らぬ人にその姿を見られるのもどうしても抵抗があるという人が多いのも事実です。
プレイの前だけではなく、プレイで快感を得て気持ちよく帰ろうと思ったら人に見られたり。
他人であっても恥ずかしいものですから、知り合いとばったり出くわそうものなら、顔から火が出るような気持ちとなってしまうケースとてあるものです。
その点、デリヘルであればお店でプレイするのではありません。
外での事になりますので、傍から見ればデートしているカップルといった程度です。

また、このおかげでプライベート感が強いのです。
サービスではなく、まるでプライベートで女の子と会っているかのような雰囲気の中でプレイを楽しむ事が出来ますので、お店の風俗よりもこちらの方が良いという人が増えているのです。
様々な意味で「安心」して楽しむ事が出来るのがデリヘルですので、高い人気を集めるようになっているのも頷けるものですね。